岐阜でウーバーイーツが開始!

羽島市(羽島郡)

御菓子処 黄金堂|地元で愛され半世紀!モチっと癖になるシャリッとくずバー

「地元を愛す」をモットーに、今年で創業56年の「御菓子処 黄金堂」。

地産地消を心がけ、材料からしっかり吟味した身体に優しい和菓子は、地元に根付いた地元の味。

昔ながらの饅頭や上生菓子はもちろん、佐吉大仏、円空上人など羽島の歴史を感じさせるオリジナル和菓子も多く、人気を集めているとのこと。

かねがね立ち寄ってみたいと…思っていたのです。

御菓子処 黄金堂/羽島市

店内の様子

お店の前の駐車場に車を停め、店内へ。

目の前にずらっとショーケース。

「えんくうさん」や「どら焼き」などの日持ちのするお菓子の詰め合わせが豊富にそろう。

「羽島銘菓 草もち」は、長良川のほとりで育った羽島産のよもぎを使い、粒あんがぎっしり!人気商品なんですって。

気軽に購入できるばら売りのお菓子。

冷凍ショーケースには…生クリーム大福いろいろ。

冷凍してあるので、賞味期限が長くて嬉しい!

「常温解凍で1時間ちょっとですかね。冷蔵庫でゆっくり解凍しても良いですよ」とのこと。

ちなみに、通信販売も行っているようですよ。

今日の目的「シャリっとくずバー」を発見!

迷っちゃいますね!

イチゴ、マンゴー、みかん、サイダー、白桃、カルピス、パイナップル、ドラゴンフルーツ、フルーツミックス。

どれにしようかな…?

もちろん、饅頭や練り切りもラインナップ。

珍しい!柚子の薄皮饅頭!…お値打ちよね?

目にも楽しいい練り切りも魅力的。

カフェスペースやステキな茶室もあるのですが、残念ながらコロナ禍で今は休止中。

壁のディスプレイは、美しい木型。縁起のいいモチーフが多く、見ていて嬉しくなりますね。

メニュー

オススメの人気アイテムを伺ってみると、「冷凍ケースにある『羽島愛す』ですね」。

紅茶の茶葉と羽島の卵から作られたどら焼き生地に、十勝小豆と生クリームのまろやか餡をサンドした人気商品なんですって。

「あとは、『黄金焼』も人気ですし。『くずバー』は、冬場でもよくでますよ」とのこと。

目移りしちゃうなぁ!どれも食べてみたいけど…。やっぱり!

いただきます!

初志貫徹!「シャリっとくずバー」のソーダ味。

冷たく凍らせてあるのですが、解けても葛で固めてあるから大丈夫…でも、見た目はアイスキャンディ。

とりあえず、かぷっ!

不思議…もっちり。むっちり。

甘さは上品で、きちんとサイダー味もあるし、これは…おいしい!

あとは、「黄金焼」「えんくうさん」などなどを持ち帰り!

ちなみに日持ちは1週間ほどです。

黒糖を練り込んだ生地で作られた洋風どら焼き。

バターの風味と小倉あんの組み合わせは完璧ですね。

フワフワの生地に甘いクリームで、ほっこりおいしい!

今回は、洋風和菓子ばかりを購入しましたが、どれも美味しくて。

他のアイテムにも期待大です!

まとめ

老舗の和菓子屋さんで、立派な建物。

でも、親しみやすくて、リーズナブルで、地元に愛される要素たっぷりのお店。

ちょいちょいお邪魔して、他のアイテムも食べてみなきゃ!

そんな気持ちになれるステキなお店でした。

お店の詳細

店 名:御菓子処 黄金堂
住 所:岐阜県羽島市江吉良町江南1丁目18
駐車場:有り
URL:詳細はこちら(公式サイト) 

アクセス

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mai

作るもの、食べるもの大好き。小学生の息子と一緒に、美味しいものを求めて、いろいろなところに出没しています。

-羽島市(羽島郡)
-