岐阜でウーバーイーツが開始!

美濃市

カフェ食堂 きのゑ|老若男女の笑顔を作る!モーニングもランチもスイーツも!

「うだつの上がる町並み」が有名な美濃市。

古い街並みから1本南側の道をてくてく歩くと…。

カフェの看板を発見!

朝、10時。古い街並みのお店は朝がゆっくりなんだよね…オープンしてるかな?

ガラス張りの店内を覗くと、お客さんがチラホラ。

カフェ食堂 きのゑ/美濃市

店内の様子

爽やかな笑顔で迎えてくれたのは、オーナーの奥様らしき女性。

お店のインテリアに、一目ぼれ!

レトロでキッチュで、清潔感のある店内。

カラフルで可愛いニット編みの座布団は、お店の常連さんが作ってはプレゼントしてくれるんだって。

絵本も並ぶ本棚。のどかで、和やかな空気。

「本日のケーキ」や「パンケーキ」のサイン。ちょっと気になるわ。

メニュー

うん!モーニングにしよう!

マーガリン不使用、コーヒー豆だけでなく、卵もこだわっているなんて、期待しちゃいますね。

プリンも気になるけど…こだわり卵のたまごサンドも食べたいなぁ。

お昼には、ランチもあるんだって!

コーヒー豆は「自家焙煎こひくんコーヒー」、お塩はオーストラリアの塩田のもの、たまごは老舗の養鶏場「山田農場たまご」、砂糖は喜界島粗糖。

バター、小豆、ミルク、野菜やお肉まで、納得した食材を使う。

「いまできることを精一杯」という言葉に、ちょっと感動しつつ…しばし待つ。

いただきます!

はーい!モーニングが到着!

特徴がないと言えばないけど、野菜がシャキシャキ!

モーニングの幸福度は、トーストのおいしさが重要。

焼き具合もばっりちだし、この小倉餡がおいしい!

なんだろう?と思いつつ、一口。

深い甘みの紅茶のゼリーでした。

このおいしさは、喜界島産の粗糖だから?

えへへ。たまごサンドもオーダーしちゃいました!

しゃきしゃき野菜と、マヨネーズでごまかしてない卵の食感が最高。

たまごの潰し具合や味付けが絶妙で、すごくおいしい!

まとめ

苦みの少ない、でもコクのあるコーヒー飲んでいたら、コックコートにメガネが似合うオーナーが、こちらを見てにっこり。

後で伺った話しでは、「うだつの上がる町並み」の有名パティスリーから独立された実力派。

小さな紅茶ゼリーが、あんなにもおいしかったのは、そういう理由ね。

はっ!と気づいた。「カフェ食堂きのゑ」は、笑顔が溢れてる!

常連さんたちも、奥でお喋りしているおしゃれ女子も、すごく幸せそう。

そんなお客さんを眺める、オーナー夫妻の表情もすてき。

「おいしかったです!」と声を掛けると、「良かったです」と満面の笑顔を返してくださった奥さま。

初めてお会いしたのに、「オーナーご夫妻と友だちになりたいな」なんて思う…居心地の良さ。

今度はランチ?ティータイム?

美濃市にお邪魔したら、また絶対に寄りたい!

すてきな時間を、本当にごちそうさまでした。

お店の詳細

店 名:カフェ食堂 きのゑ
住 所:岐阜県美濃市2626-3
駐車場:有り
URL:詳細はこちら(Facebook)

アクセス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
mai

mai

三重県の端っこに住んでいます。作るもの、食べるもの好き。小学生の息子と一緒に、美味しいものを求めて、いろいろなところに出没しています。

-美濃市

Copyright© 岐阜いただきます! , 2020 All Rights Reserved.