岐阜でウーバーイーツが開始!

美濃市

HAPPA STAND(はっぱすたんど)|日本の伝統「お茶と器」を現代へつなぐ

美濃の「うだつの上がる町」を散策中、どことなくオシャレな佇まいのお店を発見。

MENUがあるってことは、カフェかな?

ちょっと寄り道していこう。

HAPPA STAND (はっぱすたんど )/美濃市

店内の様子

吹き抜けになった店内は、古の和と現代的な感性がうまく融合したインテリア。

ステキなパッケージに身を包んだ茶葉、端正なフォルムの美濃焼きの器が並ぶ。

日本の伝統美をうまく活かしたビジュアル。

きょろきょろと店内を見て回る私に、笑顔のかわいいスタッフが声をかけてくださった。

お茶っぱからの連想で、もっと自然目を向けて欲しいとの思いで葉っぱ「HAPPA STAND」という名前になったんだって!

家紋をモチーフにしつつ、スペルか゛HAPPYに見えること、末広かりの八(8)、無限大(∞)など、日本だけでなく海外の縁起の良さにも注目して、ロゴは創られたんですって。

築150年以上の建物を、うまくリノベーションしている。

カウンターでは、テイクアウトお客さんのために、先ほどのスタッフがドリンクの準備中。

せっかくなので、店内で頂こうっと。

メニュー

ラテや抹茶、お茶もいろいろ…。

気になるのは、あいすくりーむ!

何気なく横にあるショップカードを見ると、「FLOTO」の文字。

「FLOTO」と言えば、東京・参宮橋で注目のジェラート専門店では?

人気パティスリーが手掛ける、素材にこだわったジェラートが頂ける…あの人気店。

ピスタチオとほうじ茶のジェラートを頂いたことがあるけど、素材本来のおいしさに気づかされるような、ステキな味わいだった…。

私がショップカードを凝視していると、「ご存知ですか?フロート。東京のお店なんですけどね。うちのアイスは、フロートさんにお願いしてるんですよ」。

「え?知ってます!明治神宮の裏側の…。あの!『煎茶とうふあいすくりーむ』お願いします!!」

ちょっと挙動不審にオーダーしてしまったけど、楽しみだなぁ。

「とうふちょこれーと」も人気商品なんですって!

こちらは、自社で製造するのではなく、「日本中のいいものを発見し、その生産者と一緒に、より素晴らしいものを開発し、お店に並べる」というスタイルなんだって。

お茶も、宇治の老舗お茶園の茶葉を使っているとのこと。

いただきます!

カウンターに座って、ほっと一息。

浮かれてオーダーしたので、煎茶付きとは知らなかった。ちょっと嬉しいな!

美濃焼の器に盛られた「煎茶あいすくりーむ」には、そのままの茶葉が…。

「有機栽培の茶葉です。そのまま食べちゃってください!ちょっと苦いですが、思いのほかおいしくて驚くと思いますよ」とスタッフ。

うん。確かに。 スパイスやハーブのような立ち位置で、お茶っぱっておいしいのね!

アイスには、そのまま食感の残った茶葉が混じっていて、苦みと甘みのおいしさだけじゃなく、香りや風味もすばらしい。

ダブルは多いかな?って思って食べ始めたけど、しっかり楽しめて満足、満足。

まとめ

NOT OLD, BE CLASSIC.

「時代を越える粋なモノ」をコンセプトに、スタートしたという「HAPPA STAND」 。

海外からの観光客にも、私たち日本人にも、ぜひ立ち寄ってほしいと思いました。

お店の詳細

店 名:HAPPA STAND(はっぱすたんど)
住 所:岐阜県美濃市常盤町2300
駐車場:有り(市営駐車場利用)
URL:詳細はこちら(Instagram)

アクセス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
mai

mai

三重県の端っこに住んでいます。作るもの、食べるもの好き。小学生の息子と一緒に、美味しいものを求めて、いろいろなところに出没しています。

-美濃市

Copyright© 岐阜いただきます! , 2020 All Rights Reserved.