各務原市

一服茶屋 花の木|鵜沼宿でほかほか釜めし

岐阜県の端っこ。

今日は、息子と一緒に、犬山城にほど近い中山道「鵜沼宿」にある「一服茶屋 花の木」でランチ。

歴史の趣きを感じる町並みに、心が躍る!

駐車場への通用口は、なんと「旧大垣城鉄門」。

道を渡って、いざお店へ。

一服茶屋 花の木/各務原市

店内の様子

「いらっしゃいませ!」と朗らかな声に迎えられ、店内へ。

お茶屋を思わせるレトロな雰囲気、広々と座席が配置されたテーブル席。

テレビ取材もたくさん受けているんだねー。

メニュー

「釜めしのランチにしようね!」と心を決めて来店したのだけど…。

多彩なメニューにちょっと迷う。

揚げ物付きのスペシャルなセットと…リーズナブルなランチがあるね。

「お?桜のスイーツもあるの?」とメニューを見つめていたら、「すみません。桜のデザートは、春限定なんですよ…」と、お店の方が声を掛けてくださった。

例年だと、2月後半からとのこと。今度は桜の季節にお邪魔しないと!

いろいろ迷った結果…。

私も息子も、4種のおばん菜がついてる「花の木ランチ」の「とり釜めし」をオーダー。

いただきます!

お通しと食前酒かわりのお酢が運ばれてきた。

「ママが作る黒豆より、ぴかぴかしておいしそう」と息子。…すみませんね。

そして、私も息子も「おいしい!」と口を揃えた林檎とマンゴーのお酢。

さっぱり甘酸っぱくて飲みやすい。

…続いて、釜めしランチが登場!

「うわっ!豪華だねぇ」と思わず歓声!

砂時計の砂が落ち切るまで、しばし我慢。

日替わりのおばん菜は、マグロとサーモンのお刺身、胡麻豆腐、海老しんじょうのみぞれ餡かけ、インゲンの胡麻和えと出し巻き卵。

それに、餡かけの茶碗蒸し、麩(ふ)のお味噌汁、香の物までついている。

どれから頂こうか、迷っちゃうわ!

しかも、どれも丁寧に作られていて、味の変化が楽しめるうえ、盛り付け方まで美しい。

その間、息子は箸置きに興味津々。

「これ、超便利!考えた人、天才!」

お店の方が気を利かせて、息子用に短いお箸を用意してくださった。こういう心遣いは、嬉しいものね。

おっと!時間ですよ!

もわっと白い湯気がたち、いい香り。

食欲をそそるこの香りのは、キノコ?牛蒡?

お米がツヤっと、蒸気をまとって輝いている。

それでは、改めて…「いっただきまぁす!」

時折、「おいしいねぇ」と言い合いながら、無心でもぐもぐ。精一杯、味わう。

これで1000円だよ。いいの?いいの?

お代わりは、香ばしいおコゲ付き!

すっかり完食!小学1年生の息子も、幸せそうにお腹をさすって、見事に空っぽ。

まとめ

気がつくと、店内はたくさんのお客さんで賑わっていた。

ご近所さんって感じお客さんから、ガイドブックを持ったご夫婦、子連れの賑やかファミリーも。

ステキな店構え、お値打ちなランチ、とってもおいしい料理は細やかで美しく、接客も心地よい!

そりゃ、ランチタイムは混雑するよね。

そんな訳で、席を空けるために、そそくさとお会計。

お腹いっぱいなので、少しだけ散歩。

町屋や脇本陣は無料で見学でき、風情漂う駐車場はなんと無料!

「たま来たいね」がいっぱい詰まった、ステキなお店でした。

お店の詳細

店 名:一服茶屋 花の木
住 所:岐阜県各務原市鵜沼西町1-118
駐車場:有り※町屋館駐車場を利用
U R L:詳細はこちら(食べログ)

アクセス

The following two tabs change content below.
mai

mai

三重県の端っこに住んでいます。作るもの、食べるもの好き。小学生の息子と一緒に、美味しいものを求めて、いろいろなところに出没しています。

-各務原市

Copyright© 岐阜いただきます! , 2020 All Rights Reserved.