岐阜でウーバーイーツが開始!

各務原市

喫茶室 山脈|標高の違う3種のブレンドコーヒーと至極のモンブラン

2019年4月にオープンし、独自の路線でじわじわと存在感を放つカフェ。

 犬山城家老の別宅を移築したという、歴史ある建物。

そよ風にはためく暖簾をくぐり、お庭を眺める。

秋になったら、どんな風景になるのだろう?

 エントランスまでの道程が、より期待を膨らませる。

10歳未満の子どもは、喫茶室を利用できないので、ご注意を。

喫茶室 山脈/各務原市

店内の様子

天井が抜かれ、和と洋が調和した開放的な空間。

コーヒー豆やドリップバッグ、アイスコーヒーをはじめ、こだわりの道具やオリジナルトートの販売もあります。

レジカウンターの横には、多くの人を虜にするモンブラン。

自家焙煎のマシンって、ちょっと憧れちゃいますよね。

「どんなコーヒーに出合えるかな?」と、ドキドキします。

「標高の高いところで育った良質な豆で淹れたコーヒーと山のかたちを模したモンブランを楽しめるお店」と謳う同店。

ブレンドコーヒーが有名ですが、もちろんストレートも楽しめますよ。

ケーキとドリンクは、テイクアウトOK!

外観の和の雰囲気とは違う、シックなインテリア。

デザインの異なるチェアが並ぶカウンター席。

クラシカルで、どことなくヨーロピアンな雰囲気も。

陽光を感じ、お庭を愛でる。上品な気持ちになりますよね。

メニュー

標高の高さで表現するブレンドコーヒーは、3種類。

1合目は深煎り、2合目は中煎り、3合目は浅煎りと、それぞれの味わいが楽しめます。

そのほか、こだわりの茶葉を使う和紅茶や緑茶も。

ラテやココア、りんごジュース、クリームソーダもありますよ。

 お目当てのモンブランは、定番が2種。

季節のモンブランも、気になるところ。

記念日ランチのような価格だけど…と思ったら、ドリンクが2つ…ふたりでシェアするメニューなのね。

自慢のモンブランを食べ比べできるなんて!最高ですね。

ドリンク代に+料金で、モーニングもあります!

~13時までなので、モーニングセットとモンブランで、ランチの代わりにしてもいいですね。

メニューに説明書きはありましたが…本物を見て選びたいな。

「山脈モンブラン」は、和風な装い。

岐阜県産の和栗と抹茶の焼き菓子で構成。

「栗と珈琲のモンブラン」は、エスプレッソとブランデーが香る大人なタルト。

ラム酒を利かせたフランス産の栗クリームで、ふんわり仕上げたモンブラン。

お邪魔した日の季節のモンブランは、「ブルーベリーチョコレートのタルトモンブラン」。

季節に応じて、工夫をこらしたモンブランが登場するので、見逃せないんですよね。

いただきます!

 「山脈モンブラン」とコーヒーは「三合目」。

…絵になる。

とても…絵になる。

すごく…絵になる。

まずはコーヒーを一口。

浅煎り「三合目」は、すごく軽い口当たり。

メニューには「紅茶が好きな方にも」って書いてあったけど、ほうじ茶や麦茶のような趣もあり、がっつり珈琲好きですが、私は大好きな仕上がりでした。

山頂には、渋皮煮と甘露煮の両方が鎮座する「山脈モンブラン」。

基礎部分は、抹茶のダックワーズ。

ふんわりクリームの中には、大粒の栗がゴロリと入っています!

栗の風味を楽しみたいなら、オススメです!

まとめ

ほんの小一時間だけど、いつ来ても「特別な時間」を過ごせます。

メニューの種類は限られているのに人気があるのは、そういう空気感に魅了される人が多いからかもしれません。

歴史ある建物に芽吹いた新しい感性。

「ようこそ、山脈へ」と出迎えてくれるスタッフの笑顔。

自家焙煎のコーヒーと、山脈をかたどったモンブランのおいしさ。

また、そのうちお邪魔しますね。

ちなみに、同店の駐車場は砂利敷きの部分のみなので、ご注意を。

お店の詳細

店 名:喫茶室 山脈
住 所:岐阜県各務原市鵜沼三ツ池町2-205
駐車場:あり(建物北側の砂利部分)
URL:詳細はこちら(公式サイト) 

アクセス

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mai

作るもの、食べるもの大好き。小学生の息子と一緒に、美味しいものを求めて、いろいろなところに出没しています。

-各務原市
-

© 2021 岐阜いただきます!