プロテイン

【マイプロテイン】人工甘味料不使用のおすすめプロテイン!おいしい飲み方もご紹介

  • マイプロテインで人工甘味料不使用のプロテインは?
  • フレーバータイプもチェックしたい
  • おいしく飲むにはどうすればいい?

高品質&低価格で人気のマイプロテイン。

フレーバーの種類が多く、いろいろな味をおいしく楽しめるのも特徴のひとつです。

そんなマイプロテインには、人工甘味料不使用のプロテインはあるのでしょうか?

今回は、人工甘味料不使用のおすすめプロテインをご紹介していきます!

「人工甘味料が苦手」という方や、「なるべく添加物を摂りたくない」という方は、ぜひチェックしていってくださいね。

マイプロテイン公式サイト

【マイプロテイン】人工甘味料不使用のおすすめプロテイン

人工甘味料不使用のおすすめプロテインは、次の5つです!

  • Impact ホエイ プロテイン
  • Impact ホエイ アイソレート
  • ソイ プロテイン アイソレート
  • ブラウンライス プロテイン
  • コラーゲン プロテイン

それぞれのプロテインについて、詳しく見ていきましょう。

①Impact ホエイ プロテイン

「Impact ホエイ プロテイン」は、マイプロテインの中でも一番人気のプロテイン。

牛乳由来のホエイプロテイン使用で、1食(25g)でタンパク質を約21g摂取できます。

低価格でコスパが良いのも特徴です!

Impact ホエイ プロテインには50種類以上のフレーバーがありますが、その中で人工甘味料不使用なのは、大きく分けて次の2つのタイプになります。

  • ノンフレーバー
  • 天然甘味料使用のフレーバー

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

ノンフレーバー

ノンフレーバーは、甘味料自体を使用せず、味付けをしていないプロテイン。

香料や着色料なども不使用なので、「なるべく余計なものはとりたくない」という方に向いています。

原材料はシンプルで、価格も低めです!

原材料:ホエイプロテインコンセントレート、乳化剤
価格:1kg 5,190円

天然甘味料使用のフレーバー

天然甘味料のステビアを使用したフレーバーで、おいしく飲めるプロテイン。

ステビアとは?

  • 南米原産のキク科の多年草
  • 砂糖の約200倍の甘みを持つ
  • 糖質がゼロで血糖値が上がらない

ステビアはキク科の植物なので、スクラロースなどの人工甘味料とは違い、天然の甘味料です。

糖質がゼロで、カロリーも押さえられるので、ダイエット中の方や糖尿病などの方にも向いていますよ。

Impact ホエイプロテインの天然甘味料使用のフレーバーには、現在次の6種類があります!

  • ステビア チョコレート
  • ステビア バニラ
  • ステビア ストロベリー
  • ステビア チョコミント
  • ステビア ブルーベリー&ラズベリー
  • ステビア バナナ

スクラロースを使用した他のフレーバーと比べると、全体的に薄めでさっぱりとした味が特徴。

ステビア独特の苦みを感じることもあるので、人によって好みが分かれるフレーバーです。

原材料(ステビア チョコレート):ホエイプロテインコンセントレート、乳化剤、ココア パウダー、香料、甘味料(ステビオールグリコシド)
価格:1kg 5,390円

②Impact ホエイ アイソレート

「Impact ホエイ アイソレート」は、タンパク質含有率が90%と高タンパクなプロテイン。

フレーバーは20種類以上ありますが、ノンフレーバーが人工甘味料不使用です。

1食(25g)でタンパク質を約23g摂取でき、脂質や炭水化物、カロリーが少ないピュアホエイプロテインになります。

Impact ホエイプロテインと同じく牛乳由来のプロテインですが、製造方法が異なっており、高タンパク質&超低脂肪で価格が高めなのが特徴です。

原材料:ホエイプロテイン アイソレート、乳化剤
価格:1kg 7,190円

ホエイアイソレートについては、次の記事でも詳しくご紹介しています!

合わせて読みたい
【マイプロテイン】アイソレートの違いとは?ホエイプロテイン(WPC)と徹底比較!

マイプロテインのアイソレートはどう違う?ホエイプロテインと比べてみたいどちらを選んだらいいの? 高品質なプロテインがお得に買えると人気のマイプロテイン。 マイプロテインのプロテインの中には「Impac ...

続きを見る

③ソイ プロテイン アイソレート

「ソイ プロテイン アイソレート」は、大豆を原料にしたプロテイン。

フレーバーは6種類ありますが、ノンフレーバーが人工甘味料不使用です。

タンパク質含有量が90%と高く、1食(30g)でタンパク質を約27g摂取可能。

大豆由来のプロテインなので、大豆が苦手な方にはあまり向いていませんが、ビーガンやベジタリアンの方、乳糖不耐症の方などにおすすめですよ。

原材料:ソイ プロテインアイソレート
価格:2.5kg 7,190円

ソイプロテインの味については、次の記事でも詳しくご紹介しています!

合わせて読みたい
【マイプロテイン】ソイプロテインはまずい?「まずい」と言われる理由とリアルな口コミ

マイプロテインのソイプロテインはまずいの? 「まずい」と言われる理由は? ソイプロテインの口コミをチェックしたい イギリスのスポーツ栄養ブランド「マイプロテイン」。 高品質で人気のプロテインには、牛乳 ...

続きを見る

④ブラウンライス プロテイン

「ブラウンライス プロテイン」は、玄米を原料にしたプロテイン。

フレーバーはノンフレーバーのみで、人工甘味料不使用です。

1食(30g)でタンパク質を約23g摂取でき、低糖類&低脂質でアミノ酸が豊富。

玄米を由来としたプロテインなので、ビーガンやベジタリアンの方、乳糖不耐症の方、牛乳や大豆にアレルギーがある方などにもおすすめです。

原材料:玄米プロテイン
価格:1kg 4,690円

⑤コラーゲン プロテイン

「コラーゲン プロテイン」は、高純度のコラーゲンペプチドを使用したプロテイン。

フレーバーは4種類ありますが、ノンフレーバーが人工甘味料不使用です。

タンパク質含有量が90%と高く、1食(25g)でタンパク質を約22g摂取可能。

脂質&糖質がゼロなので、ダイエット中の方にも向いていますよ。

価格は高めですが、お肌や爪、髪などの美容に気を遣う方にもおすすめです!

原材料:加水分解コラーゲンペプチド
価格:1kg 8,290円

それぞれのプロテインの詳しい情報は、こちらの公式サイトからもご確認いただけます。

⇒マイプロテインの詳細をチェック

【マイプロテイン】ノンフレーバーのプロテインをおいしく飲む方法

ノンフレーバータイプのプロテインを選びたいけれど、「味がないと飲みにくそう」と心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、ノンフレーバータイプのプロテインが苦手な方や、「いつもと気分を変えて飲んでみたい」という方におすすめの飲み方をご紹介します。

ノンフレーバーのプロテインは、次のような飲み方がおすすめです!

  • コーヒーや抹茶、スープの素などで味を付ける
  • 牛乳やオレンジジュースなどで割る
  • はちみつや黒糖などで甘みを足す

ノンフレーバータイプは味付けがされていないので、自分で好きな味に調節することが可能。

コーヒーやココア、抹茶、スープの素などを混ぜて味を付けると、飽きずに飲むことができますよ。

ノンフレーバータイプを「飲みにくい」と感じる場合、水の代わりに牛乳や紅茶、オレンジジュースなどで割ると、風味が変わって飲みやすくなるのでおすすめです。

人工甘味料は避けたいけれど、「甘みが欲しい」という方は、はちみつや黒糖などで甘みを足すのもいいですね。

ぜひ、いろいろな飲み方を試してみてください!

マイプロテインの詳しい情報は、こちらの公式サイトからもご確認いただけます。

⇒マイプロテインの商品をチェック

まとめ

今回は、マイプロテインの中で、人工甘味料不使用のプロテインについてご紹介してきました。

人工甘味料不使用のおすすめプロテインは、次の5つです!

  • Impact ホエイ プロテイン
  • Impact ホエイ アイソレート
  • ソイ プロテイン アイソレート
  • ブラウンライス プロテイン
  • コラーゲン プロテイン

マイプロテインで一番人気の「Impact ホエイ プロテイン」には、50種類以上のフレーバーがありますが、ノンフレーバーと天然甘味料(ステビア)を使用している6つのフレーバーが人工甘味料不使用です。

他の4つのプロテインは、ノンフレーバーが人工甘味料不使用になります。

それぞれ、牛乳や大豆、玄米、コラーゲンを原料とした特徴のあるプロテインなので、ぜひ自分に合ったものを選んでくださいね。

ノンフレーバータイプのプロテインが「飲みにくくて苦手」という方は、コーヒーや抹茶などで味を付けたり、牛乳やオレンジジュースで割るのがおすすめです。

この記事でご紹介している内容は、2022年7月時点での情報です。最新の情報は、マイプロテイン公式サイトからご確認ください。

マイプロテイン公式サイト

-プロテイン