岐阜のお得なキャンペーン!

可児市(可児郡)

ラ・プロヴァンス |森の中で味わう珠玉のケーキ

土岐ICを北へ、国道21号線から「中山道かえで街道」をさらに北上。

なかなかの山道に不安を覚えつつ、時々見つかる看板を頼りにドライブ!ドライブ!

童話に登場する村の入り口…のような、ステキなエントランス。

駐車場に車を停め、枕木でできた階段を登っていく。

雰囲気はとてもステキなのですが、できればスニーカーでの来店をおススメします。

50段ほど?ふと顔をあげると、ステキなガーデンの奥に建物が見えてきます。

高まる期待を抑えつつ、入口へ向かうと…。

「名前を書いて待つ?空いているに?」と考えながら読んでみると、感染予防対策のために一組ずつ案内するシステムなんだそう。

ラ・プロヴァンス(La Province)/可児郡御嵩町

店内の様子

しばらくするとアルコールスプレーを持ったスタッフが出てきて、私たちの手にシュッと!

そのまま案内してくださいました。

ショーケースのケーキは、バリエーションは多くはないにしても、どれも美しく魅力的。

端正なフォルムの「季節のミルフィーユ」。

つやつやラム酒の「サヴァラン」。

マンゴームースとチーズスフレの「タヒチ」。奥に見えるのは、プロヴァンスのケーキの代表作「チーズタルト」。

本日のスペシャリテは、「いちじくのタルト」。手前に見えるのは、木いちごソースを忍ばせた「レアチーズ」。

西尾産抹茶とホワイトチョコを使った、「もえぎ」。

焼き菓子も気になる!感染予防対策もばっちり!

席数を減らしているという店内。奥に見えるのは暖炉かな?

どの席も、外の景色が楽しめるように配されているのもステキ。

真正面に座らなくてもいいように工夫されているのは、より安心ですね。

外に張り出したように作られたスペースのテーブルは…三角形!お一人様用の席まである!

メニュー

ショーケースのケーキに想いを馳せつつ、ドリンクメニューを拝見。

バリエーションの多い紅茶がオススメ?

ハーブティもあるのねー!どうしようかなぁ。

いただきます!

ケーキは直ぐに決定しました!

私は、最近はやりの後で重ねたようなミルフィーユじゃなくて、このきっちり重ねてからカットしたミルフィーユが大好き!

とっても美しぃー!

ピスタチオ香る軽いクリーム。

チョコ風味のまったりとしたクリーム。

オレンジが爽やさを添えるコクのあるカスタードクリーム。

しみじみおいしいケーキでした。ふぅ。満足!

引き続き紹介するのは、「ロゼ オウ カヌレ」。

飴細工のキラキラと鮮やかな木いちごのジュレ。

香り高いバニラムースの甘味と、ジュレの酸味のバランスにうっとり。

ボトムは香ばしいクッキータイプのタルト生地が忍ばせてあり、食感も楽しめる。

たっぷり2杯分は楽しめるハーブティ。

ローズヒップやハイビスカス、ラベンダー、カモミール…など、元気になれそうな「リジョイス」をチョイス。

美しい色、ほのかな甘味と酸味がさっぱりとして、ケーキの味を挽きたてる。

まとめ

便利な立地ではないけれど、わざわざ来る価値のあるケーキ屋さん。

お邪魔した日には、ギャラリーショップもオープンしていました!

手作りの革製品をみたり、お庭を楽しんだり。

ステキな時間を過ごすことができましたよ。

帰りがけに気が付いたのですが、店舗裏に小さいけれど第2駐車場がありました。

台数が限られるので、足の不自由な人などに空けておく配慮は必要ですが。

もしハイヒールでオシャレした彼女とのデートなら、男性はここまで車で送って、自分は戻って下の駐車場に停める…なんてことをすると、好感度アップ!だと思いました。

お店の詳細

店 名:ラ・プロヴァンス (La Province)
住 所:岐阜県可児郡御嵩町謡坂4929-7
駐車場:有り 
URL:詳細はこちら(公式サイト) 

アクセス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
mai

mai

三重県の端っこに住んでいます。作るもの、食べるもの好き。小学生の息子と一緒に、美味しいものを求めて、いろいろなところに出没しています。

-可児市(可児郡)

Copyright© 岐阜いただきます! , 2020 All Rights Reserved.