岐阜市

川原町屋| 穏やかなひとときが叶う古民家カフェ

鵜飼いで有名な長良川の風が吹き抜ける。風情ある通り「川原町」。

散歩を楽しむのもいいけれど、やっぱり美味しいものに出合えたら、もっと嬉しいものよね。

そんなわけで、人気のカフェ「川原町屋(かわらまちや)」を目指す。

お店の少し西側にある、無料の共同駐車場に車を停める。

てくてく歩いて、お店へ。

最近少なくなったレトロなポストが、なんだかカワイイ!

川原町屋/岐阜市

店内の様子

店内に入ると、本格的な節句飾りや、和雑貨のショップになっている。

席へ案内してもらう間の短い時間では、見切れないほどの充実度。

町屋をそのまま利用しているので、趣のある風景があちらこちらに。

きょろきょろ。

床の間のしつらえも素敵。

カフェスペースは…?あらら?

一旦、外へ?

伝統工芸品、岐阜ちょうちんや岐阜うちわに使われる上質な美濃和紙を扱う、和紙問屋だった建物を再利用しているんだそう。

江戸時代から昭和初期のかけて、実際に使われていた蔵をリノベーション。

古き良き日本のインテリアとアーバンな雰囲気が相まって醸し出す。

なんとも落ち着く空間に足を踏み入れる。

岐阜県出身の作家の作品を愛でることもでき、ゆったりしつつも、感性が研ぎ澄まれる快感。

奥にはピアノが配され、タイミングによっては生演奏を楽しめるんだって。

また、スタッフは若い子が多いのだけど、誰もが楽しんで働いているよう。

洗練されているわけではないのだけど、サービスもいい感じ。

ちょっと不思議な感じだけど、かっこいいフランス人スタッフもいて、年増女子には嬉しい限り。

メニュー

食事メニューは

  • 泉屋プロデュース 鮎のお粥 1,080円 ほうじ茶付き
  • ガーデンサラダセット 1,200円 コーヒーor紅茶付き
  • オリジナルキッシュ 800円 サラダ付き
  • ビーフシチュー 1,800円 サラダ・パン付き
  • 特製サンドウィッチ 800円
  • まっしろ玉子のオムライス 1,200円
  • 生姜ライスのポークプレート 1,200円


…どれも魅力的なんだけど。

やっぱりスイーツも気になる。

季節に応じてメニューも変わるよう。

カフェのある蔵は、キッチンと少し離れているので…。

この呼び鈴を使うみたい。

テーブルによってデザインもいろいろ。

スタッフにオススメや、お料理のボリュームをたずね、「オリジナルキッシュ」と「川原町屋パフェ」をオーダー。

いただきます!

まずはオリジナルキッシュが登場!

小ぶりだけどおいしそうキッシュ。

具だくさんで、基本に忠実な丁寧なつくり。

パイのような軽さのある生地は、バターの香りが食欲をそそる。

脂っこくなく「もっと食べたい!」と思える上品な仕上がり。

そして…待ってました「川原町屋パフェ」。

なかなかの貫禄。

渋めの抹茶アイス、甘すぎない小豆。

栗、わらび餅、寒天とボリューム満点。

甘み、苦み、まったり、さくさく、もっちり。

いろいろな味、いろいろな食感が楽しめる。

この寒天のプリっと感が、おいしいのよ。

パフェの醍醐味を思う存分堪能。

ゆったりと流れる時間を感じ、丁寧に作られた料理を頂く。

つい長居したくなる「川原町屋」は、ソフトもハードも唯一無二の存在ね。

まとめ

季節ごとに異なる表情を楽しめるんだろうね。

レジ横を見ると、テイクアウトできるフルーツティーが並んでいる。

ショップに揃うアイテムも、思い入れを感じるものばかり。

「2階にも節句飾りがありますので、よかったらご覧ください」と声を掛けて頂いたので、お言葉に甘えて…。

予想以上のラインナップ。

じつは、こちらのカフェは、地元では有名な(有)安藤商店という節句飾りや伝統工芸品の製造会社が経営母体。

カフェ利用ではなく、真剣に節句飾りを吟味している家族連れの姿も。

岐阜市の歴史を感じたいなら「川原町屋」は外せない!そんな素敵なお店でした。

お店の詳細

店 名:川原町屋(かわらまちや)
住 所:岐阜県岐阜市玉井町28
駐車場:有り(店舗より西へ徒歩1分程)
URL:詳細はこちら(公式サイト)

アクセス

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
mai

mai

三重県の端っこに住んでいます。作るもの、食べるもの好き。小学生の息子と一緒に、美味しいものを求めて、いろいろなところに出没しています。

-岐阜市

Copyright© 岐阜いただきます! , 2020 All Rights Reserved.