岐阜でウーバーイーツが開始!

サービス・観光

岐阜の人気キャンプ場【有料・無料】20選!

  • 岐阜県でキャンプをしたい
  • 岐阜で有料のキャンプ場を知りたい
  • 岐阜で無料のキャンプ場を知りたい

2020年から大流行のコロナウィルスの影響もありキャンプブームは上り調子ですね。

最近では新しくキャンプ場がオープンしたり、グランピング(魅力的なキャンプ)なんて言葉もよく耳にするようになりました。

特に岐阜では山が多く、キャンプエリアも充実しています。

どんなキャンプ場が人気なのかも気になるところですね。

今から岐阜の有料と無料のキャンプ場を紹介するよ♪

岐阜の人気キャンプ場【有料・無料】

今回紹介するのは次の有料キャンプ場16施設、無料キャンプ場4施設の計20施設です。

無料エリアは公式サイトが無いものが多いので、YouTubeの動画を交えて紹介させていただきますね。

有料キャンプ場16選

  • 平湯キャンプ場(高山市)
  • 胡桃島キャンプ場(高山市)
  • ネイチャーチラックスひだ高山(高山市)
  • 日和田高原ロッジキャンプ場(高山市)
  • 合掌の森中尾キャンプ場(高山市)
  • 無印良品南乗鞍キャンプ場(高山市)
  • ひるがの高原コテージパーク四季の郷(郡上市)
  • Orkひるがの(郡上市)
  • Outdoor Style Amida(郡上市)
  • 山之村キャンプ場(飛騨市)
  • まるかりの里 久野川キャンプ場(下呂市)
  • 八曽の里キャンプ場(多治見市)
  • 飯地高原自然テント村(恵那市)
  • 板取キャンプ場(関市)
  • 揖斐高原 貝月リゾート(揖斐川郡)
  • NEOキャンピングパーク(本巣市)

無料キャンプ場4選

  • 神洞(かんぼら)ほたるの里公園(美濃市)
  • 大津谷公園キャンプ場(揖斐郡)
  • 朝鳥公園キャンプ場(揖斐川郡)
  • 大垣市野外活動センター(大垣市)

岐阜の有料キャンプ場16選

①平湯キャンプ場(高山市)

キャンプタイプ

  • オートキャンプ
  • バンガロー
  • 常設テント
平湯キャンプ場は山に囲まれた自然豊かな場所にあるよ♪

平湯インターから車で2分!アクセスは抜群です。

オートキャンプ場はフリーサイトとなり、チェックイン後は自分の好きな場所にテントを張ることができます。

平湯キャンプ場の魅力

  • オートエリアでは最大200台収容できるほど規模が大きいキャンプ場
  • 高速道路のインターが近い
  • 歩いて10分の場所に「平湯の森」という温泉がある
  • 周辺には観光施設が多数ある

⇒平湯キャンプ場の公式サイト

②胡桃島キャンプ場(高山市)

キャンプタイプ

  • オートキャンプ
  • コテージ
標高が高く山に囲まれたキャンプ場だよ!

スーパーなどお買い物をするエリアへは車で1時間以上かかるため、到着前に必要なものはしっかり買って行きましょう。

コテージには調理器具やトイレ、お風呂が完備されていておすすめのキャンプ場です。

胡桃島キャンプ場の魅力

  • 標高1,850mにあるキャンプ場
  • コテージにはWi-Fi完備
  • 山に囲まれ自然豊か
  • 星空が綺麗

⇒胡桃島キャンプ場の情報はこちら(道の駅ひだ朝日村)

③ネイチャーチラックスひだ高山(高山市)

キャンプタイプ

  • オートキャンプ
  • 常設テント
  • グランピング
  • デイキャンプ
2020年8月にオープンした高山市のキャンプ場だよ♪

口コミには「また利用したい」との声が多数上がっています。

テントサイトの横には綺麗な芝生があり、気持ちよく遊べること間違いナシです。

ネイチャーチラックスひだ高山の魅力

  • オートサイトは地面に砂利を使いテントが汚れにくい
  • オーナーが親切
  • 施設内で使えるWi-Fi完備
  • 森の中にハンモックやブランコがある

⇒ネイチャーチラックスの情報はこちら(なっぷ)

④日和田高原ロッジキャンプ場(高山市)

キャンプタイプ

  • オートキャンプ
  • コテージ
  • ロッジ
標高1,300mにあるキャンプ場だよ♪

大浴場もしっかりと完備され、お風呂の心配はいりません。

そして、コテージとロッジ以外ではペット可となっていることもおすすめポイントです♪

日和田高原ロッジキャンプ場の魅力

  • 施設内に釣り堀やテニスコートがある
  • 自然が多いda
  • ペットも入れる
  • 星空が綺麗

⇒日和田高原ロッジキャンプ場の公式サイト

➄合掌の森中尾キャンプ場(高山市)

キャンプタイプ

  • オートキャンプ(キャンピングカー専用エリアあり)
  • デイキャンプ
昭和45年にできた歴史あるキャンプ場だよ♪

お盆以外は予約無しでも受け付けてくれる場合があり、穴場のキャンプ場として人気があります。

エリア内にある天然温泉を求めて訪れる利用者も多いですよ♪

合掌の森中尾キャンプ場の魅力

  • キャンプ場内に天然の温泉がある
  • 標高が高く、夏場でも涼しい
  • 自然豊かな場所にある
  • お盆以外は比較的空いている

⇒合掌の森中尾キャンプ場の公式サイト

⑥無印良品南乗鞍キャンプ場(高山市)

キャンプタイプ

  • オートキャンプ
  • 常設テント
無印のキャンプ場なんてあるの?

ここは無印良品が所有する3つのキャンプ場のひとつです。

広大な敷地では様々なアウトドアを楽しむことができ、世代を問わず楽しめるキャンプ場です。

無印良品南乗鞍キャンプ場の魅力

  • 標高1,600m、敷地面積は日本最大級
  • カヤックやディスクゴルフなどのアクティビティを兼ね備えている
  • 露天風呂を完備している
  • ドッグランがある

⇒無印良品南乗鞍キャンプ場の公式サイト

⑦ひるがの高原コテージパーク四季の郷(郡上市)

キャンプスタイル

  • オートキャンプ
  • グランピング
  • コテージ
  • 日帰りBBQ

外国風のカラフルなコテージが印象的ですが、オートキャンプエリアもしっかりあります。

ドーム型の宿泊施設でグランピングも楽しめるよ♪

日本ではないような空間でおしゃれな体験をしてみてはいかがでしょうか?♪

ひるがの高原コテージパーク四季の郷の魅力

  • 施設が新しくて綺麗
  • サッカーコートや釣り堀がある
  • 全ての宿泊エリアに車を横付けできる
  • ドッグランがある

⇒ひるがの高原コテージパーク四季の郷の公式サイト

⑧Orkひるがの(郡上市)

キャンプスタイル

  • オートキャンプ
  • コテージ

ひるがの高原スマートICから車で10分ほど走るとOrkひるがのへ到着します。

周辺には観光施設がたくさんあるよ!

Orkひるがの【手ぶらBBQ】では到着後すぐにBBQを開始でき、火起こしや片付けまでスタッフの方が行ってくれます♪

Orkひるがのの魅力

  • 乗り物のアクティビティや釣り堀を楽しめる
  • 施設内にカフェがある
  • 流行りのアウトドア・ウエディングができる
  • ペットも入れる

⇒Orkひるがのの公式サイト

⑨Outdoor Style Amida(郡上市)

キャンプスタイル

  • オートキャンプ
  • ホテル風客室

公式サイトを開くとキャンプ場紹介のオシャレなYoutube動画が登場します。

ここは大人のくつろぎ空間がテーマのキャンプ場だよ♪

Amidaでは大人向けのアクティビティや空間を取り揃えており、ゆったりとキャンプを楽しみたい方々におすすめのキャンプ場となっています。

Outdoor Style Amidaの魅力

  • 川ではシャワークライミングを体験できる
  • 室内ボルダリングを楽しめる
  • カフェやバーがある

⇒OutdoorStyleAmidaの公式サイト

⑩山之村キャンプ場(飛騨市)

キャンプスタイル

  • オートキャンプ
  • コテージ
  • バンガロー

天蓋山のふもとにある山之村キャンプ場はペットも入れる自然豊かなキャンプ場です。

もちろん川遊びもできる♪

テントを利用する場合は予約なしでもOKなため「今日キャンプしたい!」と思った時にでも行けちゃう施設です♪

山之村キャンプ場の魅力

  • テント利用は予約なしでもOK
  • 広い芝生エリアがある
  • テントサイトはペットも入れる
  • 自然がいっぱいのキャンプを体験できる

⇒山之村キャンプ場の公式サイト

⑪まるかりの里 久野川キャンプ場(下呂市)

キャンプスタイル

  • キャンプ(車乗り入れ不可)
  • コテージ
  • ドームハウス

見た目も可愛いドームハウスはEZドームと言い、秘密基地感覚で子どもにも大変人気です。

小規模ながらも楽しめるキャンプ場だよ!

近くを流れる川は浅く、小さい子でも安全に遊べるためオススメのキャンプ場となっています。

まるかりの里 久野川キャンプ場の魅力

  • ドームハウスに泊まる事ができる
  • 川遊びができる
  • 魚のつかみどりができる
  • 流しそうめん体験ができる

⇒まるかりの里久野川キャンプ場の情報サイト(キャンプ場ガイド)

⑫八曽(はっそ)の里キャンプ場(多治見市)

キャンプスタイル

  • オートキャンプ
  • キャンプ(車横付け不可)
  • バンガロー
  • 民家タイプ

川はもちろんのこと、八曽の里はプール付きの珍しいキャンプ場となっています。

川の隣にある区画が店長おすすめエリアだよ!

様々な区画があり、何度も足を運びたくなるような施設です♪

八曽の里キャンプ場の魅力

  • 川遊びができる
  • 全ての区画は焼場付き
  • 夏はプールで遊ぶことができる

⇒八曽の里キャンプ場の公式サイト

⑬飯地高原自然テント村(恵那市)

キャンプスタイル

  • オートキャンプ
  • キャビン
  • ロッジ
  • バンガロー
  • デイキャンプ
宿泊できる建物のバリエーションも多くておすすめ♪

昔からあるバンガローの色を変えて作られたタイニーハウスは、外国風でとてもオシャレ。

星を眺めるために作られた天窓付きキャビンを利用して、星空観察をしてみてはいかがでしょうか♪

飯地高原自然テント村キャンプ場の魅力

  • キャンプのバリエーションが多い
  • じゃぶじゃぶ池がある
  • マレットゴルフができる

⇒飯地高原自然テント村の公式サイト

⑭板取キャンプ場(関市)

キャンプスタイル

  • バンガロー
  • デイキャンプ

バンガローの数は51棟あり、とても広いキャンプ場です。

隣を流れる板取川ではボートに乗ると、まるで宙に浮いたかのような写真を撮ることができます。

他にも魚のつかみどりや渓流釣りを楽しめるよ♪

板取川キャンプ場の魅力

  • 釣り堀がある
  • 川の透明度が高い
  • じゃぶじゃぶ池がある
  • ペットも入れる

⇒板取キャンプ場の公式サイト

⑮揖斐高原 貝月リゾート(揖斐川町)

キャンプスタイル

  • オートキャンプ
  • コテージ
  • バンガロー

公式サイトが無く、情報が少ないキャンプ場ですが多くのリピーターがいらっしゃいます。

ソロキャンもしているよ♪

年中通して利用できるキャンプ場としては珍しく、春夏秋冬を楽しめるのはとても良いですね♪

揖斐高原 貝月リゾートの魅力

  • 一年中利用できる
  • 川遊びができる
  • 魚のつかみどりができる
  • テニスコートがある

⇒揖斐高原貝月リゾートの情報はこちら(揖斐高原)

⑯NEOキャンピングパーク(本巣市)

キャンプスタイル

  • オートキャンプ
  • コテージ
  • キャビン

透き通った綺麗な釣り堀で泳ぐ魚のつかみどりは、キャンプ場利用者のみが体験できるおすすめポイントのひとつです。

テント設営後は隣の根尾東谷川で汗を流す人も多いよ♪

GWやお盆などの繁忙期は子育て家族のみが利用できる施設となっており、ファミリーに優しいキャンプ場となっています。

NEOキャンピングパークの魅力

  • ファミリー向けのキャンプ場
  • 釣り堀がある
  • 魚のつかみどりができる
  • ソロキャン専用のエリアあり

⇒NEOキャンピングパークの公式サイト

岐阜の無料キャンプ場4選

①神洞(かんぼら)ほたるの里公園(美濃市)

神洞ほたるの里公園の魅力

  • 近くには綺麗な川が流れている
  • 人が少なく穴場的エリア
  • 景色が良い

入口がわかりにくいですが、トイレの建物を目印にして向かえば大丈夫です。

山の中にポツンとあり、動画からは上級者向けのキャンプ場だということが分かりました。

公園内はキャンプNGのエリアもあるから注意してね!

※コロナの影響によりキャンプやBBQの利用不可(2021年5月現在)

②大津谷公園キャンプ場(揖斐郡)

大津谷公園キャンプ場の魅力

  • 手入れをされていて綺麗な場所
  • トイレが水洗で綺麗
  • 川遊びができる

敷地がとても広く所々に炊事場があるので、使い勝手が良いです。

動画でも利用者がたくさんいる様子がわかるね!

近くを流れる川は浅く、安心に遊ぶことができるため大変おすすめです。

※コロナの影響により散策のみOK(2021年5月現在)

③朝鳥公園キャンプ場(揖斐川郡)

朝鳥公園キャンプ場の魅力

  • 川遊びができる
  • 紅葉や桜を楽しめる
  • 人が少ない

春は川沿いに桜が咲き誇り、ロケーションは100点満点のエリアです。

炊事場もちゃんとあるよ♪

朝鳥公園キャンプ場はSNSへの投稿も少なく、動画にもありますが超穴場のキャンプ場だと考えられます。

※コロナの影響により散策のみOK(2021年5月現在)

④大垣市野外活動センター(大垣市)

大垣市野外活動センターの魅力

  • 自然豊か
  • 人が少なく穴場
  • 敷地が広い

活動センターの敷地内でキャンプを利用することができます。

大垣の山々に囲まれた場所にあるよ♪

場内には熊出没の看板もあり少し注意が必要です。

※コロナの影響により散策のみOK(2021年5月現在)

まとめ

岐阜には今回紹介した以外にも多くのキャンプ場がありました。

何も無い状態から本格的なキャンプをしたい方、ある程度環境が整っている所でしたい方など様々です。

わが家の夫は毎日、キャンプ動画を視聴し、毎週のようにアウトドアショップ足へ運んでいます。

キャンプブームはまだまだ続きそうだね!

最近ではソロキャン向けの区画を設けている場所も多くなっていますので、ご自身に合ったキャンプ場を選んでみて下さいね♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SHIHO

日本一の温泉の町、大分県別府市に生まれ。サファリパークに9年勤務後、結婚を機に岐阜県で生活中。趣味は旅行や食べること♪ 動物も大好きでペットOKの飲食店も探して行ってみようと思っています。 岐阜県も住めば都状態。よろしくお願いします。

-サービス・観光

© 2021 岐阜いただきます!