岐阜でウーバーイーツが開始!

大垣市(養老郡、不破郡、安八郡)

つぼ焼きいも 幸神|炭を操る匠の技…甘く幸せなサツマイモの世界

墨俣一夜城で有名な大垣市墨俣町。

なにやら昔懐かしい風情の店構え。

でも、オープンは2019年10月!

いも…焼きいも…つぼ焼きいも。

たくさん並ぶ壺。

私がまじまじと眺めていると、忙しそうに作業をしていたお兄さんが「覗きます?」と声を掛けてくださいました。

どれどれ?

ほんわか温かな空気。

赤くなった炭、スタンバイする さつまいも。

「今からじっくり加熱するんですよ」と、軍手をはめたお兄さんが教えてくれました。

これは…食べてみたい!

つぼ焼きいも 岐阜総本舗 幸神|大垣市

店内の様子

これが入り口?

中に入ると、雑貨屋さんのようなコーナーが。

全部、お芋さん。

文具をはじめ、キーホルダーやらマグネットやら。

ピアスやヘアアクセサリーまで…もう甘い香りが漂ってきそう。

これは、おもしろい!

ところで。あれ…?注文は、外だったかも?

一旦、お店の外に出てみます。

メニュー

ここですね!

「つぼ焼いも+ドリンク」や「幸神プレミアムソフトクリーム」、キッズサイズの「ちびっこソフトクリーム」、わんちゃん用の干し芋「犬幸おやつ芋」など。

あとは…季節限定「冷やし芋」。

時期に応じて、最高のお芋さんを選定するんですって!

11月初旬の今は「紅優甘」。

幼少期に駅の売店や、仕出し弁当についていたポリ茶瓶の「高級いび茶」も、ちょっと気になりますね。

つぼ焼いもペーストと黒蜜を仕込んだカップに、手作りバニラソフトクリームを絞る「幸神プレミアムソフトクリーム」。

むむむ。おいしそう!

とりあえずは、「つぼ焼きいも」そのものを味わいたい!

…来年の春まで食べられない「冷やし芋」も、気になるし。

「冷やし芋はあるだけなので、今月末までかな?って感じです」とスタッフ。

うん!今日は「冷やし芋」に決定!

熱々ほかほかは、次回のお楽しみにします。

いただきます!

冷蔵庫からだされたばかりの「冷やし芋」は、もちろん冷たい。

けっこうずっしり重量級です。

ちなみに、店舗の上が飲食スペース。

冬場でも、風がなければ熱々ほかほか「つぼ焼いも」を頂くには良いですね。

夏は、やっぱり「幸神プレミアムソフトクリーム」かな。

さて、自宅に戻り、しっかり手洗いをして。

いざ!いっただっきまーす!

ほほぅ♪ これはおいしい!

甘味が上品で、高級和菓子のような味わいです。

お店のスタッフによると、「焼き上げた後の温度管理が重要なんです。低温熟成させることで、旨味が引き出されるんですよ」とのこと。

ただの冷凍保管とは違うことに、納得の味。

焼いもは温かいのが好きだけど、これは一度食べてみる価値ありです。

まとめ

「自然の甘味って、なんて優しいの」と、しみじみ。

炭を操る伝統の技を習得し、はじめて叶う優しい甘味。

公式サイトの情報によると「つぼ焼き芋伝道師会」なるもの存在するようです。

この伝統の「つぼ焼いも」の技は、ぜひとも後世につなげてほしいですね。

お店の建物のこれ、気になりますよね。

岐阜県在住のアーティストRoamCouchさん壁画なんですって!ステキ!

RoamCouchさんの描かれた壁画は、周辺に色々あるようですよ。

探してみるのも楽しそうですね。


お店の詳細

店 名:つぼ焼きいも 岐阜総本舗 幸神
住 所:岐阜県大垣市墨俣町墨俣472
駐車場:あり ※店舗前と北東にある駐車場も利用可
URL:詳細はこちら(公式サイト)

アクセス

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-大垣市(養老郡、不破郡、安八郡)