ノイ

多治見市

cafe NEU!(カフェ・ノイ!)|アンティークなお店で頂くスパイスカレー兄弟

多治見駅から南へ歩いて10分弱。

土岐川にかかる昭和橋の目の前。

アンティークな雰囲気の建物が、今回の目的地「cafe NEU!(カフェ・ノイ!)」だ。

ちなみに、駐車場は店舗内西側のガレージに2台。

道を横断したところにも4台のスペースがある。

「NEU!」とは、ドイツ語で「NEW!」。

レトロな雰囲気なのに、「新しい」という店名だなんて。

入る前から、ドキドキ楽しみ!

cafe NEU!(カフェ・ノイ!)/多治見市

店内の様子

お店に入ると、まず目に飛び込むのは…おいしそうなパン。

気になる気持ちを抑えて、まずは席に着く。

ドイツのカフェをイメージしたインテリア。

オーナー夫婦の趣味なのかな?

ビンテージの家具や食器が、独自の雰囲気を醸し出す。

奥のスペースは、ゆっくり落ち着けそうね。

カウンター席のこなれ感もステキ!

お店の中央、大きな窓から自然光のふりそそぐ2名席。

小さな椅子が可愛かったので、今回はこちらに着席。

入口付近には、蚤の市などで見つけてきたというキッチュな雑貨の販売も。

そして、オーナーの奥さんが焼いているというパン。

天然酵母を使ったパンは、テイクアウトしていくお客さんも多く、午後には売り切れてしまうこともあるそう。

素朴なパン、とってもおいしそう!

毎日焼いているわけじゃないということで、今日の来店は非常にラッキー!

スケジュールはお店のHPか、直接問い合わせを。

メニュー

さて、何を頂こうかなぁ。

お店に入るなり、ただよってくるスパイスの香り。

・カレー兄弟

(好みのカレー2種・キャベツのアチャール・日替わりインドおかず・バスマティ入りライス)

タンドリーチキンのサンドも気になるけど、やっぱりカレーよね。

本日のカレーは黒板に4種類。

私は、チャナ豆チキンカレーとキャベツときのこのレンズ豆にしようっと。

チーズケーキやフレンチトーストなどのデザートから、タンドリーチキンやファラフェル(豆コロッケ)などのアラカルト、カフェメニューからアルコールまで、なかなか豊富なラインナップ。

いただきます!

じゃーん!カレー兄弟です。

そそられるビジュアル、心奪われるスパイシーな香り。

さっそく一口…意外にマイルド…なこともなく、後からじんわり辛みがくる。

インド料理屋さんやネパール料理屋さんで頂く本格スパイスカレーに似ているようで、ちょっと違う。

かすかに日本っぽいといか、優しいまとまりかたをしているというか。

ぱくぱく食べたくなる。辛いけど、進む!

インド風デリは、こんな感じ。

サラダだけでなく野菜の副菜がつくのは嬉しい。

嬉しい異国の味。フレッシュでカレーに合う。

ごはん、多いかな?って思って食べ始めたけど、すっかり完食!ふぅ、おいしかった!他の種類のカレーも食べてみたくなったわ。

デザートも気になったけど、「パンが食べたい」気持ちが抑えられず。

クランベリーとクリームチーズのパン。

コーヒーはまろやかなテイスト。

このカップのレトロさが、なんだか嬉しい。

パンはぎっりしな食べ応えで、クランベリーもたっぷり。

天然酵母らしく、小麦の生々しさがない角のない味が美味。

お腹いっぱいだったけど、ぺろりと頂きました。

まとめ

インドが好きで、カレーが好きで、インドに行きつつ独自に勉強し

たというマスターは、ほっそりとしたステキな男性。

そのマスターにお似合いの可愛い奥さまが、接客を担当。

でも、その奥さまの作るパンも、こんなにおいしい。

そして、センスの良さ!

あっと気づくと、店の外に並んでいる人の姿が。

人気店である理由は、明白ですね。

名残惜しい気持ちのまま、席をたちました。

ごちそうさまでした。

お店の詳細

店 名: cafe NEU!(カフェ・ノイ!)
住 所:岐阜県多治見市昭和町19-1
駐車場:有り(店舗前2台、道を渡ったところに4台)
備 考:自家製パンの販売は、下記URLで確認を
URL:詳細はこちら(公式ホームページ)

アクセス

The following two tabs change content below.
mai

mai

三重県の端っこに住んでいます。作るもの、食べるもの好き。小学生の息子と一緒に、美味しいものを求めて、いろいろなところに出没しています。

-多治見市
-

Copyright© 岐阜いただきます! , 2019 All Rights Reserved.