岐阜でウーバーイーツが開始!

お取り寄せ

沖永良部島ブレンド・ドリップセット|日本でコーヒー栽培!?国産コーヒー豆を味わう

最近は在宅時間も増え、自宅でコーヒーに凝る人が増えているようですね!

コーヒー好きの私にとっては喜ばしいニュースでした。

さて、コーヒー豆の産地といえば南米やアフリカなど温暖な地域で生産されているのが一般的かと思います。

最近はベトナムなどアジア圏でも生産が盛んなようですね。

まあ、コーヒー豆生産と日本は無縁の話だろう…輸入ものをありがたくいただく定め…

そう、思っていました。

友人から「日本でもコーヒー豆が栽培されているらしい」という話を聞くまでは…

早速調べ、国産コーヒー豆の産地を見つけました!

なんと、鹿児島県の離島、沖永良部島(おきのえらぶじま)の温暖な土地で、コーヒー豆が栽培されているとのこと!

国産豆という希少性の高さに、レア物好きの心が踊ります。

早速、沖永良部島で栽培されたコーヒー豆を販売している喫茶店「ノアコーヒー」から、手軽にコーヒー豆の味を楽しめる「ドリップパック」10袋入りを購入しました!

沖永良部島ブレンド・ドリップセット/ノアコーヒー

商品到着

購入からおよそ3日後、ネコポスにて投函されてきました。まるでネット購入した書籍が届いたかのようなコンパクトぶりです。しっかりした梱包となっています。

送り主は販売元のノアコーヒー様。品名は注文通り「沖永良部島ブレンドドリップセット」であることを確認しました。鹿児島から関東まではるばるご苦労様です…

ではいよいよ開封して参ります!

開封

ドリップパック10袋、沖永良部島コーヒーについてのパンフレットと小さな紙袋が入っておりました(写真左上)

紙袋の中にドリップパック10袋を全て入れられるようになっているようです。

ドリップパックの外袋には沖永良部島の絶景写真がプリントされていますので、お土産として渡すにもピッタリかもしれませんね!

南の島なだけあって海が綺麗〜!

実は沖永良部島、大河ドラマ「西郷どん」のロケ地として注目されているそうなんですね。

実際、西郷隆盛もこの島に流されたそうで、非常にゆかりのある島なんです。

さて、原材料名を見ると、確かに希少な国産のコーヒー豆がブレンドされていることがわかります。

生豆生産国名にコロンビア、グァテマラに続き、日本と書いてありますね。いや〜、これが見たかった。実に新鮮です。

では早速淹れていきますね。

本体を袋から出すと香ばしいコーヒーの香りが広がります!殺風景な自宅が喫茶店になったような気分です。

淹れ方は袋の裏に書いてある通り。カップに本体をセットして、熱湯を注いだら完成です!

はい、こんな感じで熱湯を注ぎました。

いよいよお待ちかねの試飲タイムです!

いただきます!

私はいつもブラック派。今回もブラックで味わっていきます。

まず飲んだ時の香りですね、コーヒーの香りは思ったより控えめに感じました。これは淹れ方によっても変わるのかもしれません。

味は、「まろやかで飲みやすい」です!

マイルドながらもコーヒー特有の苦味がベースになっていますね。

後味は酸味よりも甘さを感じました。

苦味を主張しすぎず後味もさわやかなので、コーヒー初心者の方でも飲みやすいかと思います。

大抵コーヒーは苦いのでクリームたっぷりのケーキとセットになることが多いですが

このコーヒーであれば水ようかんなど和菓子と合わせることもできるかと思います!

それくらい品がよくクセがないブレンドになっています。

私なら昼食後の一杯や和菓子のお供に本品を選ぶと思います。

まとめ

おそらく現在ではまだ希少な「日本産コーヒー豆」、本品のドリップパックではクセのないまろやかな味にブレンドされていました!

ドリップパックは10袋入っていましたが、毎日飲んでしまいあっという間に飲み切ってしまいました…。

珍しいもの好きな皆さんには、国産コーヒーの味をぜひ味わってほしいところですよね。

付属のパンフレットによると、沖永良部島珈琲農園は2008年開園とのこと。これからの活躍に期待が高まります。

いつか国産コーヒーが鹿児島名物として有名になるのかと思うと今から待ち遠しいです!

商品の詳細

商品名:沖永良部島ブレンド・ドリップセット
販売店:ノアコーヒー
購入先:Noah Coffeeオフィシャルページ
価 格:2,575円(税込)送料無料

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すもも

当サイトの案内人。 甘いもの、スイーツ大好き。 夢は岐阜の美味しいお店を制覇する事! 岐阜のグルメを中心に情報をお届けします。

-お取り寄せ

© 2021 岐阜いただきます!