お取り寄せ

エチオピア イルガチェフェG1【お取り寄せ】エチオピア珈琲豆のレビュー

コーヒーとワインの専門店タカムラより、「イルガチェフェG1」(エチオピアのコーヒー豆)を楽手市場でお取り寄せ。

ピンポーン! 商品の到着です。

エチオピア イルガチェフェG1/タカムラ

商品到着

小さな段ボール箱が1つ、届きました。エチオピアのコーヒー豆「イルガチェフェG1」です。

タカムラ ワイン&コーヒーロースターズは、毎週、月曜日に焙煎したコーヒー豆を火曜日に発送してくれます。わたしの家には、水曜日の午前中に着きました。

開封

カッターナイフで段ボールを開くと、プラスチックバッグに入ったコーヒー豆200gのほか、納品書、店のチラシ、コーヒーの淹れ方の説明書「Brew Guide」が入っていました。

「コーヒーを淹れるのは初めて…」という人は、「Brew Guide」を参考にすれば、O.Kです。今回は、タカムラ流ではなく、わたし流で、コーヒーを淹れたいと思います。

手順1.コーヒー豆の粉砕

プラスチックバッグをハサミで切って、封を開けます。すると、すぐに、ふぁ~っと、コーヒーの香りに包まれました。

よく、見ると、栗色(中浅煎り)の小さな豆がゴソゴソと入っています。 

コーヒー豆は、ミルで挽いて、粉にします。コーヒー1杯分に必要な豆の量は、メジャーカップ1杯分(13g)。今回は、2杯分(26g)のコーヒー豆を使います。

コーヒー豆を手動のミルに入れ、ハンドルを回します。ゴリゴリゴリゴリ…。

コーヒー豆が砕ける音がします。

キュルキュルキュルっと、ハンドルが空回りしたら、終了です。

手順2.コーヒーの抽出

コーヒーサーバーの上にドリッパーをのせ、フィルターをセット。先ほど挽いたコーヒーの粉をフィルターに入れます。

ケトルでお湯を沸かします。待っている間に、コーヒーカップを用意。

ドリッパーにお湯を注ぎ、コーヒーを抽出します。お湯の量は、1杯分150ccなので、2杯分の300cc。

抽出したコーヒーをカップに注ぎます。

いただきます!

コーヒーカップを手でつまんで、鼻先に近づけると、キャラメル、黒糖、ピーチ、レモンなどの香りが漂います。

コーヒーを口に含むと、甘味がふわーっと広がるのに加え、少し遅れて、酸味が現われました。

最後は、苦味が余韻として、残ります。さらりとした飲み口ですが、コク深い味わいです。

まとめ

エチオピアは、コーヒー発祥の地。だからでしょうか。「イルガチェフェG1」は、さすが! の逸品でした。

コーヒー豆の名前にあるG1とは、「ガイアの夜明け」という意味ですが、確かに、コーヒーを飲んだ後、頭の中がスッキリしました。

覚醒作用ですね。目覚めの悪いあなた! 夜明けの1杯にいかがですか。

お取り寄せ商品の詳細

商品名 : エチオピア イルガチェフェG1
販売元 : タカムラ ワイン&コーヒーロースターズ
購入先 : 楽天市場
価 格 : 1,296円(税込)

The following two tabs change content below.
Martini100

Martini100

フリーライターです。 年齢は、ないしょ(笑)。 コーヒー&ティーアドバイザーの資格をもっています。 ゴクッ! グビッ! パクッ! ガブッ! ドリンク&フードの世界にはまっています。 夫と二人暮らし。

-お取り寄せ
-,

Copyright© 岐阜いただきます! , 2020 All Rights Reserved.